ホーム » 婚活体験談 » ブライダルネット » ブライダルネットで「ちょい話そう」に挑戦中|年下の子とメールしてます

ブライダルネットで「ちょい話そう」に挑戦中|年下の子とメールしてます

bridalnetsyogatu.png

⇒ネット婚活No.1の信頼と実績|キャンペーンも激アツ!


kuroface.png

クロです♪ご訪問、心より感謝します。
いつもありがとうございます^^

ブライダルネットでは主に20代の子に
「あいさつ」をしているのですが

神奈川在住の女の子とあいさつが成立し、
「ちょい話そう」をしています♩


「ちょい話そう」というのはサイト内でメッセージ交換することです。
エキサイト恋愛結婚では「ハートメール」とも表現してますけど
要するにメールでやり取りできるよ〜、ということですね^^

今回クロがやり取りしているのは金融業界の一般事務の子で
25歳なので僕よりも1歳年下ですね。笑顔が可愛らしい感じです◎

ブライダルネットは時間制限が設定されてるのが良い!

エキサイトでもfacebook omiaiでも、というか普通の婚活サイトでは
メッセージ交換に時間制限は設定されていません。
いつまででも、好きなだけ、自由にサイト内でメッセ交換ができるわけです。

でも、ブライダルネットはちょっと特殊で、時間制限があります。
「あいさつ」も1週間以内にどうするか決めないといけないですし
「ちょい話そう」がスタートできても、やり取りは1週間限定です。

お互い社会人であまり時間がないし、みんな色んな人と同時進行してるわけなので
頑張っても1日1往復できるかどうか、って感じになりがちです。
正直、最初は「1週間って短すぎるだろ〜」と思ってました。

kurobridalchoi.png

僕もそうなんですけど、忙しかったり疲れてたりすると
どうしても「明日でいいや」と後回しにしてしまい、そのままずるずると後回し。
結局数日開いてしまって微妙な感じになり、返信せず、みたいなことがありました(苦笑)

でも、1週間しかやり取りできないと思うと
「この子とは○日までしかメッセできないから、疲れてるけど今日返信するか」
と、不思議と積極的に返信するようになるんですよね^^

婚活のブライダルネット

ブライダルネットでは流れに乗っておいた方がいい!

ブライダルネットでは決まった流れがあります。

「あいさつ」⇒「ちょい話そう」⇒「もっと話したい」

これがブライダルネット利用者にとっては一般的な流れになっているので
ブライダルネットを利用しているときはこの流れに乗っておいた方が無難です。

なぜなら僕自身が、この流れを無視して失敗したことがあるからです(笑)

「ちょい話そう」まで進めた可愛い子と1往復し終わった後で
ちょっとメールのやり取りが面倒になったクロは何を思ったか
「お茶でもしませんか?」と2回目のメッセでデートに誘いました。

もちろん2回目で会うのは女の子的には怖いだろうと思ったので
「不安だったらスカイプでもいいですよ〜♩」と添えておきましたが
どっちにしても「いきなり何だこいつ、がっついてきて」となりますよね^^;

案の定、その後その可愛い子からは返信は来ませんでした・・(苦笑)

ブライダルネットでは1週間の「ちょい話そう」が終わった後に
「もっと話したい」に進むかどうか選択する事ができるので
1週間はメッセでやり取りしてみて、それからデートに誘うのが筋のようです。

なので、もしブライダルネットでデートまで進みたいなら
あなたも僕のようにがっつかずに、
なるべく流れに従った方が成功しやすいと思います^^

今やり取りしてる子は、あと4日間の「ちょい話そう」期間があるので
焦る気持ちを抑えつつ、じっくり関係を築いてみたいと考えています♩


いや〜しかし、ブライダルネットってやっぱりいいですね!
使えば使うほど、じわじわとメリットを感じ始めているクロでした^^

Return to page top